レビトラを大動脈縮窄症の人が服用しても大丈夫?

レビトラはバイアグラ、シアリスと同様、勃起不全症の治療薬として厚生労働省の製造販売承認を受け、臨床応用されている医薬品です。この3剤の中で最も即効性の面で優れていることが特徴です。ただし、副作用発生頻度が高く、また3剤の中で最も併用禁忌の薬の種類が多いので、服用には注意を要します。
レビトラは他の3剤同様、心疾患の患者さんに対する使用の注意喚起がなされていますが、ここでは大動脈縮窄症の患者さんにレビトラを服用していいか、解説します。
結論から申し上げると、やはり飲まないに越したことはなく、飲む場合にしても医師の診察、指導下で使用すべきです。大動脈縮窄症は文字通り大動脈の一部が縮み、血液の通り道が細くなってしまう病気です。この病気は先天性のものが多いですが、後天的に発症する場合もあります。大動脈の一部が縮むことにより、上半身は高血圧になりやすく、脳内出血に至る場合もあります。一方、下半身は低血圧になりやすいです。大動脈付近の狭窄のため、心臓には負荷がかかりやすく、それでも血液を拍出するために、心筋が肥厚しやすくなります。ここにレビトラを服用すると、低血圧になりやすくなるため、大動脈から先へ血液が循環しにくくなります。そのため、さらに心臓は働こうとするので、心臓に更なる負担がかかることとなります。また、下半身の低血圧はより悪化しやすくなるため、下肢の循環不全により、歩いたりすることにだるさを感じたりするようになります。
このようにリスクがあるので、服用を検討する際には、自分が今どのような状態で、レビトラを飲んで問題がある体なのか、問題ない体なのか、しっかり診てもらうべきです。最近は、個人輸入で医師の診察なしに海外の製品を手に入れることができますが、そのようなリスクのある人は自己判断での服用をしないようにしましょう。